自宅でできる体操もある|メニエール病の原因とは|健康を脅かすものに屈っするなかれ
相談

メニエール病の原因とは|健康を脅かすものに屈っするなかれ

自宅でできる体操もある

女性

簡単に症状が改善できた

脊柱管狭窄症は腰の病気ですが、下肢に症状が出ます。ひどいと痛みと痺れから歩行困難になったり、座ったり横になっても下肢の痺れや痛みが無くならずに日常生活に支障をきたします。脊柱管狭窄症の診断はCTやMRIなどの画像診断をもとに行われます。診断されてすぐ手術とはならず、保存療法で多くの方が症状の改善に成功しています。手術なしで症状を改善された方の多くは、リハビリで成功していることも多いです。日常生活の暮らし方の工夫、例えば重たいものを持つ時の姿勢、高所にあるものを取る時の姿勢、椅子に座る時の姿勢、立ち仕事をする時の台との高さの工夫など腰に余計な負担をかけず脊柱の中を通る神経を圧迫せず血流を維持・改善する工夫が必要です。

リラックスで神経を休める

脊柱管狭窄症の保存療法ではリハビリが非常に重要です。毎日の生活の中で気をつけながらリハビリを続けるとより高い効果が発揮できるようです。脊柱管狭窄症と診断されてから、趣味の運動を控え、毎日の犬の散歩も家族に代わってもらっているという声も多く見かけます。また、病院や接骨院・整体院などで治療を受けても一向に症状が改善せず焦りを感じる方も多いです。症状がひどい場合には運動を控えるように言われることもあるようですが、実は少しは歩いたり運動をした方が良いようです。特に腰に負担がかかる動作では脊柱管の狭窄が起こりやすいため、腰に気をつけて行動することが大切です。体幹を鍛える運動療法をリハビリに取り入れて症状が軽快し、元のように趣味の運動や日々の犬の散歩に復活されている方も多いです。