病棟

メニエール病の原因とは|健康を脅かすものに屈っするなかれ

自宅でできる体操もある

女性

脊柱管狭窄症の症状の改善には、リハビリが大切です。症状がひどい場合には、歩行困難になるなど生活に制限が生じることもありますが、体幹の強化を図るリハビリを続けると症状の改善につながるようです。また、神経を休めて血流を改善することも必要です。

View Detail

内リンパ水腫の治療

カウンセリング

めまいだけではない症状

めまいの原因となる病気には前庭神経炎や中耳炎といった耳の病気の他、聴神経腫瘍など脳の病気も挙げられます。中でも30代から50代の人によく見られるのは、内耳の内リンパ水腫が原因となって発症するメニエール病です。前庭器官や三半規管・蝸牛器官から構成される内耳は聴覚と平衡感覚に深く関わっており、器官の内部は内リンパ液に満たされています。何らかの原因でこの内リンパ液が増えすぎると、聴覚や平衡感覚にも影響が出てめまい・難聴・耳鳴りといった症状が生じるのです。そうした症状は他の病気でも発生しますが、前庭器官や蝸牛器官が内リンパ液で腫れ上がっているメニエール病では耳の閉塞感も見られます。メニエール病と言えばめまいに結びつけられるほど代表的な症状として知られていますが、症状はめまいだけとは限りません。蝸牛器官の内リンパ液が過剰となっている場合は難聴や耳鳴りが発生し、めまいを感じないケースもあるので注意が必要です。前庭器官の内リンパ水腫では、回転性のめまいが10分程度から長い場合は何時間も続いて吐き気や嘔吐も生じます。こうした症状は抗めまい薬や利尿薬などを使った内科治療により、軽減させることが可能です。

ストレスも発症の一因

メニエール病の原因となる内リンパ水腫がどうしてできるかという点については、十分に解明されていません。アレルギーが原因で内リンパ液が過剰に生成されるという説や、ウイルス感染・遺伝子が原因だとする説などがあります。そうした諸説の中でも最も有力だと見なされているのは、ストレスが原因で内リンパ液過剰を招くという説です。ストレスでホルモンバランスが崩れると内分泌系にも乱れが生じ、内リンパ液の生成と吸収のバランスが狂って過剰になると考えられるのです。そのためメニエール病の症状改善のためにはストレスを軽減させて内リンパ液の生成を抑制し、吸収を促すようにすることも欠かせません。めまいや難聴・耳鳴りといった症状は他の病気で発生している可能性もありますので、病院ではそうした病気とメニエール病を区別するため検査を行ないます。メニエール病と診断されたら薬による対処療法に加え、生活改善とストレス軽減で発作を予防します。通常はこうした治療によって症状が改善されるものですが、重度のメニエール病では外科治療も可能です。内リンパ開放術や前庭神経切断術といった手術により、難治性のめまいでも改善することができるのです。

信頼できる病院

看護師

横浜クリニックは確かな腕のある医療スタッフが揃っていて、安心して受診することができます。院内の雰囲気がよく、病気の診断も的確なので、信頼できます。かかりつけ医として通っている患者さんが多く、横浜クリニックはとても人気があります。

View Detail

かかりつけ医を見つるには

男性

がんは早期発見による早期治療で完治することもあります。そのためにも、定期的にがん健診を受けることをお勧めします。内科で手軽に受けられます。切除が必要なら外科で行うため、内科と外科のある総合病院がお勧めです。また、転移があるかどうかも調べることができます。

View Detail